業務請負

Home / 業務請負

CNXの業務請負とは

業務請負業(アウトソーシング)とは、自社以外の社員が仕事を行うという点では人材派遣と大変よく似ています。
異なる点は、派遣と違い労働者派遣法の規制を受けませんので、「仕事の管理や指示も委託された側が行う事ができる」という点です。
そのため業務請負では、業務内容や業務受託期間などについては契約当事者間で原則として自由に定めることが出来ます。

<業務請負業(アウトソーシング)のメリット>

人材募集の省略化

求人広告をはじめとする人材募集にかかる労力や経費を大幅に省くことができ、人材派遣会社を利用することで、即戦力の人材を容易に確保できます。

人材育成の省略化

専門技術を扱う業種は、専門技術を持った経験者を確保することが非常に困難です。
未経験者を雇ったとしても、教育や技術の習得等に多くの時間を割くことになります。
業務請負業(アウトソーシング)を利用することで人材育成にかかる時間・経費を軽減させることが可能です。

過剰雇用の回避

必要な労働力は、時期により変動します。業務請負(アウトソーシング)を利用することで過剰雇用を防ぎ、人件費の削減を実現できます。
また雇用者についても以下のようにメリットがあります。

1.就業時間や期間のほか、スキルにあった仕事が選べる。
2.経験がいかせ、スキルの向上にもつながる。
3.契約社員やパート、アルバイト、場合によっては正社員として入社するので、
法令通り(雇用条件により異なる)社会保険・厚生年金・雇用保険等の福利厚生についても安心。
4.契約社員やパート、アルバイト、場合によっては正社員として就職ができる。
5.正社員として入社した場合は、賞与(ボーナス)・退職金がもらえる。