コンタクトセンター事業

Home / コンタクトセンター事業

コンタクトセンター事業とは

企業の中で、顧客への対応を専門に行う部署をコンタクトセンターといいます。特に、消費財メーカーや通信販売事業者などが設けている、一般消費者からの問い合わせ受付窓口となる大規模な電話応対センターのことを指します。センター業務を大きく分けて顧客からの電話を受ける「インバウンド」と、企業 からセールスなどの電話をかける「アウトバウンド」の二つに分かれます。 電話対応だけではなく、その結果を元にしたデータベースの作成・メンテナンス など、マーケティング戦略上からの関心も高まってきております。 貴社の課題、環境にあわせた柔軟なご提案が可能です。

<導入事例>

【導入前】

1500社以上の導入実績を持っていたが、契約更新率が年々低下していた。保守サポートも営業担当が行っていた為、担当不在時に対応出来ずにクライアント様からの不満も出ていた。

【導入後】

毎月1度クライアント様へフォローコールを行い、ご不満やご意見を事前にヒアリングし品質向上に貢献。 更新率の向上に繋がっただけでなく、有料オプションの依頼も増加した。

【導入前】

営業社員自らアポを取っていたが、アポ獲得時間帯に営業に出ている事も多く充分に営業活動が出来ずにいた。

【導入後】

営業社員が行っていたテレアポを弊社にてアウトソースして頂き、ターゲット層の絞り込みと見込み客の発掘に成功。導入前より170パーセントのアポイント数の増加、売り上げも飛躍的に向上した。

<活用のメリット>

センターを三拠点保有。貴社のご要望、拠点に合わせたご提案をさせて頂きます。

最新CTIシステム保管

業務設計に応じた運用請負

顧客データベース構築

最新なアウトソーシングコンテンツ

クライアントニーズに応じたオペレーターの管理体制